若返り特集

口コミ美容外科クリニック&ドクターの口コミ若返り手術(目の下のクマ、目の下のたるみ、眼瞼下垂、フェイスリフト、シルエットリフト、ミラクルリフト、他)が、匠.com限定優待価格で受けられる♪

匠サイト限定クーポンは、初回メール相談時から匠サイトをご利用いただいた患者様の限定特典です。
すでにクリニックにて手術予約等をお取りの患者様はクーポンがご利用いただけませんのでご了承ください。
必ず、初回お問い合わせやカウンセリング予約をご希望の段階でクーポン取得申請をいただくようお願いいたします。
※ご状況によりメール利用が難しい患者様や、クーポン申請以前に直接クリニックにお電話連絡を必要とされる場合は、必ず匠.comを見てのお問い合わせとお伝え下さい。

※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。

【キャンペーン詳細情報】
物理的凹凸クマに対する最高術式!

この凸凹は加齢により眼球を支えている眼窩脂肪が前方に突出してくることによりおこります。これは、「脂肪の位置の変化による凸凹」という構造上の問題なので、

①ふくらみを平らにする
②凹みを埋める

この2つが基本的な治療の考え方となります。
これを同時に、皮膚を切ることなく行う手術方法が、『経結膜的眼窩脂肪移行術(トラコンハムラ)』です。

経結膜的眼窩脂肪移行術(トラコンハムラ)は、最新の治療方法の一つであり、 2007年日本形成外科学会で、クリニック日比谷院百澤医師が学会発表報告した方法です。

従来の「経結膜的脱脂術」はふくらみの原因である眼窩脂肪を、傷が目立たぬようまぶたの裏側の粘膜から取り除くのが一つの特徴であります。が、眼窩脂肪は非常に量の多い脂肪なので取り除いてもまた膨らんできてしまうという欠点がありました。

この欠点を改善したのが『百澤法』とも呼べるこの術式で、 脂肪を取り除くのではなくその下の凹みの部分に移動させるのが最大の特徴です。 その際ただ下方に移動させるのではなく脂肪を包んでいる脂肪隔膜という強い組織をこの部の靭帯よりさらに下法につなぎとめるため非常にフラットで自然な仕上がりになります。

この全てのプロセスをまぶたの裏側の粘膜から行う非常に高度な手術です。

ふくらみを凹みに移動させ、傷も残さない。手術範囲が非常に狭いので腫れも最小限です。
物理的凸凹のクマに対する現時点での最高術式と自負しております。

また、この方法は「血管が青黒く透けているくま」に対しても靭帯の操作により改善が認められる症例もございます。抜糸などはなく、腫れは切開する長さにもよりますが、2、3日で落ちつく程度でほとんどありません。

 

現在、クリニック日比谷とソフィアイースト札幌でしか受けることのできない 【経結膜的眼窩脂肪移行術(トラコンハムラ)】を、 匠サイトよりお問い合わせ・ご予約の方限定で、 20%優待、モニターとして採用の場合30~40%優待でご案内いたします!

施術料金一例
施術法 通常価格匠.com限定価格 匠.com限定モニター価格
経結膜的眼窩脂肪移行術
(トラコンハムラ)
378,000円 302,400円
(20%優待)
226,800円~264,600円
(30~40%優待)
※モニター条件( HP 掲載可、雑誌掲載可、など)により、優待%が変わります。
※カウンセリング・施術とも、学会発表報告をした百澤医師が担当いたします!
※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
新!切らないフェイスリフト、スラッシュリフト

スラッシュリフトとは、糸を使った注射器で行うフェイスリフトです。

治療時間は約10分と短時間で、治療後の来院の必要もなく、治療当日から洗顔やメイクをしていただけます!ダウンタイムがないという点が、最も喜ばれています。

加齢によるタルミや、タルミが原因のしわはレーザー治療、注射治療(ヒアルロン酸注入、ボトックス)、IPL(光)治療では十分な効果が出ないケースがあります。そういった患者様の声を元に長澤院長が考案した、新施術『スラッシュリフト』。 長澤院長、スタッフ自ら体験し、効果が期待できると自信を持っておすすめできる画期的な新フェイスリフト施術です。

また、たるみが強い方には、より効果的な「Vスレッドリフト」がおすすめいたします。
Vスレッドリフトはスラッシュリフト比べて、より太く強い構造の糸です。たるみとは逆の方向にVスレッドリフトで引き上げ、補足的にスラッシュリフトを行う方法が効果的です。

例えるとスラッシュリフトは「人差し指で引き上げる」効果、Vスレッドリフトは「中指と人差し指で引き上げる」効果です。

このような悩みを解決!

・顔全体のたるみ
・頬のたるみ
・口元のたるみ
・目の下のたるみ
・ほうれい線のシワ
・フェイスラインのたるみ
・丸顔、頬のくぼみ、たるみによる顔の凹凸

今回、【匠サイトよりご予約の方限定】で、スラッシュリフトを【限定特別割引価格】でお受けいただけます!

施術料金一例
施術法 通常価格匠.com限定価格 匠.com限定モニター価格
スラッシュリフト左右3本(合計6本)     180,000円171,000円応相談
スラッシュリフト左右4本(合計8本)240,000円228,000円応相談
スラッシュリフト左右5本(合計10本) 300,000円285,000円 応相談

<モニター条件>
・年齢は問いません。
・治療前、治療後の写真をインターネットで使用します。 (治療前、治療直後、約10日後、約4週間後を撮影します)
・写真の撮影は当院にて行います。(1回 1時間程度)
・治療後、アンケートにご協力いただきます。
・ご本人確認のため身分証の提示(写真付き、現住所を証明できるもの)
モニター詳細はこちら
※長澤院長が診察カウンセリングの上、モニター契約をさせていただくか審査いたします。


※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
国内でも対応可能医師は少数!

頬や首のシワ取り手術は“フェイスリフト”と言われ、アンチエイジング手術の中では手技的に確立されているので安全性とその効果は確かなものだといえるでしょう。

顔面皮下の深層にあるSMASといわれる浅筋膜の層を弁状に剥離加工し、これを用いてリフトアップするSMASリフトが最も一般的といえます。また、近年 欧米で考案された、効果を損なわずにダウンタイムを最小にした「MACSリフト」も有効な選択肢の一つになると思います。

調和のとれた若返りを行うためには、いわゆる頬リフトのみではなく、頬以外に、首、こめかみ、前額、さらには中顔面とのバランスを考える必要があります。

≪頬リフト≫
顔面には約20対の表情筋があります。そして、この表情筋の表層にSMAS(*)と呼ばれるすじすじの浅筋膜があります。
頬リフトは、耳の前の目立ちにくい部分を切開し、頬部へとアプローチします。当院で扱う頬リフトには、SMASの処理の方法で2通りの術式があります。

【SMAS法】
SMASの深層を剥離し、いわゆるSMAS弁を作成し、外側上方へ牽引、部分切除(Lateral SMASectomy)を行い、皮膚だけを引き上げるのではなく、このSMASごと引き上げるという方法です。最も一般的な術式と考えられます。本質的な皮膚のハリを取り戻し、8年から10年以上前の状態に戻り、長期にわたって維持できます。
現在、この方法は手術に時間がかかり、技術的にも難しいために、皮膚だけを引き上げる簡易なフェイスリフトを行っている病院が多くなっています。
しかし、手術直後の状態の差は少なくても、数年後に明らかな差が現れます。

*Superficial MusculoAponeurotic System:皮膚構造を正しく支えている組織(筋膜)

【MACSリフト】
これは、ヨーロッパの美容外科医が約10年ほど前に考え出した手術方法です。これは、SMASリフトの一種ですが、SMASの深層を剥離せず、SMASの層にやや太めの縫合糸をかけることにより、結果的にSMASの挙上を行う方法です。われわれは、これからの標準術式になり得る画期的な術式と考えています。

今回、丁寧なカウンセリングと手術技術、アフターケアにいたるまで患者様からの信頼も厚く、山梨大学医学部附属病院形成外科准教授診療科長として活躍する百澤医師のフェイスリフトを、匠.com限定価格でご案内いたします。

施術料金一例
施術法 通常価格匠.com限定価格 匠.com限定モニター価格
頬リフト 864,000円691,200円432,000円~604,800円
(30~50%優待)
MACSリフト900,000円720,000円450,000円~630,000円
(30~50%優待)
拡大MACSリスト 1,200,000円900,000円 600,000円~840,000円
(30~50%優待)
※ご状態、モニター条件詳細により優待%が違います。
※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
切らない眼瞼下垂治療なら!

真崎医院の眼瞼下垂治療は、埋没式挙筋短縮法で行います。
この方法は、真崎院長が考案した独自の方法です。
簡単に説明しますと、加齢などにより緩んでしまった挙筋を糸で結ぶことにより、正常な状態に戻します。切開法と違い傷跡もなくダウンタイムもありません。切らない埋没式挙筋短縮法で、目力が出ることはもちろん、眉に力を入れて無理に目を開けることで起こっていた額のシワも解消されます。
他院眼瞼下垂治療の修正や、保険治療の修正もご相談ください。

<眼瞼下垂とは>
普通に開眼した時に、瞼が瞳孔(黒目の部分)にかぶさった状態で、しっかりと上まで持ち上げられていない状態を言います。
しかし、人のカラダは代償作用が働き、視野を確保しようとするために、眼瞼挙筋を過剰に働かせることで補ったり、眉を持ち上げたり、アゴを軽く引き上げることで上方の視野を確保してしまいます。こういった作用は日常的に行われてしまうため、なんとなくまぶたが重かったり、気がつけば悪化していることも少なくありません。

年齢を問わず、多くの女性が眼瞼下垂に悩み来院されています。

真崎院長が開発した独自の方法で眼瞼下垂の治療法として効果があり、瞼の裏からの手術ですので傷跡なく、瞼の開きを良くしていきます。手術時間は両目でも20分程度。腫れもないので手術直後より外出が可能です。

≪御心配な方も安心、トライアルシステムについて≫
万が一、お気に召さなかった場合には、手術直後に元のご状態に戻し、手術料金をご返金させて頂くという安心なシステムです。(麻酔代などの手数料はご返金出来ませんので、あらかじめご了承ください)
切開法の場合、元に戻せませんが、真崎医院の眼瞼下垂治療は元に戻すことができます。トライアルシステムをご希望の方は事前にお申し出ください。

今回、本当に腫れない治療と他院修正でも人気の真崎院長の施術が、匠サイトよりお問い合わせ・ご予約の方限定で10~20%優待割引でご案内可能です!

施術料金一例
施術法 通常価格匠.com限定価格 匠.com限定モニター価格
真崎式二重/埋没式挙筋短縮 (片目) 250,000円225,000円200,000円
真崎式二重/埋没式挙筋短縮 (両目)400,000円360,000円320,000円
※お顔全体のモニターの方の場合は、20%以上の割引相談が可能です。
※カウンセリングから3か月以内有効
※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
切る・切らない眼瞼下垂治療!

「目を開けた時、上まぶたが十分に持ち上がらないで黒目の上が瞼に隠れてしまう。」目は重そうで、眠そうに見えます。 この力のない目をはっきりとした力強い目に変えるのが目力アップ術です。加齢などで思い通りに目が開かない状態を改善して目力をアップさせる方法です。

先天的理由・加齢などの理由で、上まぶた(上目瞼)を開ける筋肉が弱まり、目が思うように開かないと、目力が弱まります。

この眼瞼下垂の状態を改善して目力をアップさせ、目の輝きを取り戻す施術方法です。さらに、下垂からの解放で全身の疲労感が取れて元気を取り戻すこともできます。 施術後3日目で洗顔することができ、5~7日で抜糸、抜糸の翌日からアイメークが可能です。内出血が起きることがありますが、1~2週間で消えます。


今回、匠サイト限定でヴェリテクリニックの眼瞼下垂治療・優待割引クーポン発行が可能になりました! 全国のヴェリテクリニックドクター陣のクーポン発行相談可能です。

施術料金一例
施術法 通常価格匠.com限定価格
目力アップクイック法200,000+税 円ご相談により優待可能!
眼瞼下垂(挙筋短縮術) 600,000+税 円
眼瞼下垂(筋膜移植術)600,000+税 円
※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
クノクリニックの高度再生医療による若返り!

▼▽▼Kunoクリニックオリジナル高度再生医療~生体内再生医療/シワ・溝・陥凹改善▼▽▼
吸引した脂肪を脂肪細胞・濃縮幹細胞・繊維芽細胞に分けてオーダーメイドデザイン部位にマッサージを徹底しながら分散注入します。

条件が揃うと注入した各種細胞は(生体内)で生着し成長します。 顔面のシワ・溝・陥凹部などに注入すれば、最も生着率の高い自己組織による若返り術となります。

また術後に多種類の成長因子と細胞栄養成分をたっぷりと定期的に注射して、うまく生着した細胞を大切に育てることもできます。

【目的&適応】
自己組織による自然な若返りを希望される方。
【機序&方法】
脂肪・濃縮還元幹細胞・繊維芽細胞・プレミアム・細胞の生着足場&自己血液成長因子を注入し、術後3ヶ月間生着維持療法を毎月フォローする
【作用持続期間】 半永久
【ダウンタイム】 1週
他院様でリスクの高い骨削りやメスを用いるリフト手術を勧められた場合でも当院なら最小リスクの組合せで、ゆで卵の様な張りのある自然な輪郭が実現できます。










 

■□■このたび、遠方からのご来院希望患者様多数のため、『匠会員限定交通費優待』をさせていただきます!■□■
・50万円以上100万円未満の施術:上限3万円まで交通費をKunoクリニックが負担致します。
・100万円以上の施術:上限5万円まで交通費をKunoクリニックが負担致します。
※領収書、住所の確認が出来るもの、印鑑などが必要となります。
※公共の交通機関(電車・バス・飛行機)が対象となります。(タクシーは対象外となります)
※関西圏内から梅田院へお越しのお客様、関東圏内から銀座院へお越しのお客様は対象外となります。
※手術日当日のみが対象となります。

施術料金一例
施術法 通常価格
顔への脂肪注入(吸引費込み)
注入無制限、<吸引方法>VASER脂肪吸引<吸引部位>下腹部
540,000円
フルプレミアム脂肪注入(脂肪+PRP+プレミアム2本注入)(吸引費込み)
注入無制限、<吸引方法>VASER脂肪吸引<吸引部位>下腹部
756,000円
脂肪+濃縮幹細胞+自己コラーゲン+繊維芽細胞注入(吸引費込み)
注入無制限、<吸引方法>VASER脂肪吸引<吸引部位>下腹部
1,080,000円
フルセット注入(脂肪+濃縮幹細胞+自己コラーゲン+繊維芽細胞+PRP(吸引費込み)
注入無制限、<吸引方法>VASER脂肪吸引<吸引部位>下腹部
1,188,000円
フルプレミアム☆フルセット注入(脂肪+濃縮幹細胞+自己コラーゲン+
繊維芽細胞+PRP+プレミアム2本注入(吸引費込み)
注入無制限、<吸引方法>VASER脂肪吸引<吸引部位>下腹部
1,296,000円
※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
キャリア25年、5万症例の実績!

【フェイスリフト各種】
5万症例を誇る、長澤院長のアンチエイジング手術は術後に腫れないためお仕事がある方や周囲に内緒で治療をお考えの方に大変喜ばれております。

顔の輪郭の皮膚がたるみ、老け顔になっている場合、髪の毛の中で隠れる範囲で皮膚を切除しリフトするフェイスリフトが大変効果的です。

リフトアップする範囲により、顔全体のたるみ取りの効果、輪郭のたるみを中心に取る効果、 ホホから目元をリフトする効果など調整も可能です。

たるみのレベル、状態に合わせて、 『コンプリートリフト』『ストレートリフト』『トップリフト』『ネックリフト』『チークサクションリフト』をお選びいただけます。

治療跡は髪の毛で隠れるため、周囲に分かることはありません。

▼ コンプリートリフト
額・目元のたるみ・ホホやあごの輪郭のたるみ全てに効果的なフェイスリフト。
お顔全体を若々しく戻したい方へおすすめ。

▼ ストレートリフト
目元やホホのたるみに効果的な、ミドルクラスのフェイスリフト。
ほほから上のたるみが気になる方におすすめ。

▼ トップリフト
こめかみからリフトする、目元やほほのたるみに効果的なプチリフト。
初期から中期の目元やホホのたるみにおすすめ。

▼ ネックリフト
顎下~首のたるみ、シワにおすすめ。

▼ チークサクションリフト
「フェイスラインが丸みを帯びて下がった方」に、非常に効果的なリフト法です。

【まぶたのたるみ解消】
まぶたのたるみを直接取り除く方法や、眉毛の下を切開してリフトする方法まで、効果に合わせた治療を行います。

特に「ブロウリフト」は、日本で行える医師は数少なく、長澤院長が得意とするまぶたのたるみ取り手術のひとつで、『術後の腫れがほとんどない』ことが特徴です。

治療跡は眉毛の下、二重まぶたのライン、下まつ毛で隠すため周囲に分かることはありません。

切らずに糸で留める、クイックアイリフトも好評です。


今回、【匠サイトよりご予約の方限定】で、下記若返り手術を【限定特別割引価格】でお受けいただけます!

施術料金一例
施術法通常価格匠 .com 限定価格 匠.com限定モニター価格
コンプリートリフト 800,000円 720,000 応相談
アイリフト 320,000 円 288,000 応相談
その他の切る施術   応相談 応相談

<モニター条件>
・年齢は問いません。
・治療前、治療後の写真をインターネットで使用します。(治療前、治療直後、約10日後、約4週間後を撮影します)
・写真の撮影は当院にて行います。(1回 1時間程度)
・治療後、アンケートにご協力いただきます。
・ご本人確認のため身分証の提示(写真付き、現住所を証明できるもの)
モニター詳細はこちら
※長澤院長が診察カウンセリングの上、モニター契約をさせていただくか審査いたします。

※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
美女モデルや有名人の支持多数!

眼瞼下垂とは、まぶたの開きが悪い状態をいいます。他人から眠そうとか、不機嫌そうと言われることがあります。 原因としては、生まれつきのもの、コンタクトレンズによるもの、老化によるものなどが代表的です。この状態の方は、眉毛を挙げる癖があるため、まつ毛と眉毛の距離が広くなり、目の上がくぼんで見えます。おでこにもしわが入りやすいため、年齢以上に老けてみえてしまいます。見た目以外にも、常におでこの筋肉を使い緊張しているため、頭痛が持病であったり、肩こりになりやすかったりもします。 これらの症状は眼瞼下垂の手術で改善します。まぶたがパッチリ開きやすくなり、おでこの筋肉を使わなくなるので、しわが減り、眉毛の位置が下がります。まぶたのくぼみも改善し、老けた印象が若々しい印象に変わります。




【眼瞼下垂|当院の特徴】
・まぶたの表側(皮膚側)からのアプローチと、裏側(結膜側)からのアプローチを選択できます。
・どちらの方法も、手術中に座位で鏡を見ていただき、開きの確認、左右差の調整を行います。
・裏側(結膜側)からのアプローチは皮膚に傷が残りません。
・腫れが 3 日~ 7 日程度と早く引きます。
・お化粧は翌日から行えます。
・表側(皮膚側)からのアプローチは同時に二重を形成できます。
・脂肪の脱脂も希望に応じ行います。
・翌日からシャワー、洗顔、まぶた以外の化粧ができます。
・ 6-0 PDS という極細吸収糸で中縫いをしっかりと行うため、抜糸は 4-5 日目に可能です(形成外科的縫合)。そのため傷あとは最小限となります。
・抜糸翌日よりまぶたの化粧ができます。

【眼瞼下垂手術|方法(挙筋短縮)】
眼瞼下垂の手術方法はまぶたの表側から行う方法と、まぶたの裏側から行う方法があります。どちらの方法も、手術中に座位で鏡を見ていただき、開きの確認、左右差の調整を行います。
表側から行う方法は、同時に二重ラインを作りたい方、皮膚のタルミが多い方などに適応があります。全切開法に準じた手術に引きつづいて眼瞼挙筋を短縮し、目の開きの調節をおこないます。
裏側から行う方法は、瞼の裏側(結膜側)に切開を入れ、眼瞼挙筋の短縮を行います。メリットは皮膚にいっさい傷をつけないので、術後の傷あとが全くわからないこと、腫れの期間が数日のみでとても短いこと、より細かな調整により左右差の調整や、好みに合わせた開き具合を修正可能な点です。

今回、人気のプリモ麻布十番クリニック大場先生の施術が、【匠.com限定初診カウンセリング料のキャッシュバック特典】でご案内可能です。 匠.comのプラスアルファ特典付きの20~50%割引モニター(院内だけのモニターも可)クーポンも!

施術料金一例
施術法 通常価格匠.com限定価格匠.com限定モニター価格
眼瞼下垂(挙筋短縮) 500,000円 初診料キャッシュバック!20~50割引+α匠モニター特典
※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
日本臨床抗老化医学会JJミラクルリフト認定の城本クリニックで受ける!

美容大国韓国のDr.WOOにより開発された切らないフェイスリフト術です(すでにDr.WOOは1000例以上の手術をしており、安定した効果が認められています)。

ミラクルリフトとは、両端に折り返しがついた40㎝のスレッドを多数使用して、側頭部の真皮と皮下の浅筋膀層に特殊固定する方法です。

強力な引き上げ効果と半永久的な持続が継続します。

治療直後から大きな効果を確認できることはもちろんのこと、内出血、ムクミ、腫れがなく、30分で若返りができます。

≪城本クリニックでは「日本臨床抗老化医学会」の「JJミラクルリフト」の認定を受けています≫

【ミラクルリフトの特徴】
▼メスを使わないので傷が残りません。
▼治療時間は約30分。
▼糸が体内で変質する心配がありません。(FDA許可)
▼従来のフェイスリフトと違い、皮膚を切除することなく、皮膚の たるみ を取り除く画期的な医療技術です。
▼治療直後から腫れや痛みが殆どありません。忙しくてお休みが取れない方や、周りの方に内緒でしたいという方のご要望にも安心してお応えできる治療です。
▼治療中は局所麻酔をするだけなので、鏡を見ながらの確認も可能です。
▼特殊加工されたポリプロピレン糸は、外科手術で使用されているものです。糸の表面にはギザギザの特殊加工があり、皮下組織の たるみ にしっかり馴染みます。
▼効果と持続期間に優れています。

【ミラクルリフトの効果】
▼強力なフェイスリフト効果があります。
▼糸を挿入した周囲のコラーゲンが強力に生成促進されます。
▼肌の弾力が甦ります。
▼小顔効果があります。

【ミラクルリフトの治療について】
▼治療時間は、局所麻酔をして約30分。
▼治療直後から効果を実感でき、腫れや痛みが殆どありません。
▼糸の挿入本数は、片面で5本位です。(個人の状態によります)

【ミラクルリフトの治療後】
▼治療直後からリフトアップ効果、小顔効果を実感していただけます。
▼治療直後から腫れや痛みがほとんどないので、特別な生活制限がありません。
▼ダウンタイムが短いため、治療当日の洗顔が可能です。
▼2~3日後からシャンプーが可能です。
▼治療部位のマッサージは、約1ヶ月間お控え下さい。
▼コラーゲン生成が促進され、徐々に艶と弾力が甦り、美肌効果が実感できます。

今回30分でしっかり若返り可能!強力な引き上げ効果と半永久的な持続が継続する、切らないフェイスリフト、「ミラクルリフト」を、
【匠サイトよりご予約の方限定で、モニター施術代金を30~50%割引!】
【匠サイトよりご予約の方限定で、施術代金を10%割引!】
割引可能クリニックにつきましてはお問い合わせください

施術料金一例
施術法通常価格匠.com限定価格 匠.com限定モニター価格
ミラクルリフト1本50,000円45,000円
(10%割引)
25,000円~35,000円
(50%~30%クリニック負担)
シルエットリフト1本80,000円72,000円
(10%割引)
40,000円~56,000円
(50%~30%クリニック負担)
※モニター条件( HP 掲載可、雑誌掲載可、など)により、優待%が変わります。
※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。
【キャンペーン詳細情報】
湘南美容外科で行う若返り術各種が

湘南美容外科の若返り施術各種が、クリニック価格から、 なんと【5%割引】
お受けいただけます♪

▼▽▼施術種類一例▼▽▼
ナチュラルクイックリフト(傷は目立たず、効果長持ち!)
通常価格¥474,500
ナチュラルフェイスネックリフト(若返り職人によるこだわりのフェイスリフト!)
通常価格¥665,000
目の下、目の上のたるみ取り(皮膚・脂肪)(OL、主婦に一番人気!) 
通常価格¥93,500
アイバックリムーブ法(モデル、芸能人に人気!) 
通常価格¥218,500
切らない目の下、目の上のたるみ取り 
通常価格¥190,000

全国の湘南美容外科クリニックでクーポンご利用可能です!
(他の割引とは併用不可/モニター治療、目玉、日替わり治療、物品・薬品は対象外)


いろいろ選べる湘南美容外科クリニックの若返り各施術が、匠サイトよりお問い合わせ・ご予約の方限定! クリニック価格から価格からなんと【5%割引】でお受けいただけます♪

※お電話でのご予約は受け付けておりません。
※匠サイト限定特典をご利用希望の方は、必ず『お問い合わせはこちら』より、お問い合わせ・ご予約をお願いいたします。

ヴェリテクリニック銀座院 院長 福田 慶三医師

■略歴

1985年:名古屋大学医学部卒業
1987年~1989年:米国メイヨークリニックで研修
1989年~1992年:米国ミシガン州Craniofacial InstituteとProvidence Hospitalにて研修
1995年:小牧市民病院形成外科部長に就任
2002年:愛知医大形成外科講師に就任
1995年:高須クリニック非常勤医師
2000年:コムロ美容外科非常勤医師
2004年10月:ヴェリテクリニック銀座院 院長に就任

■所属学会・資格

日本形成外科学会 (JSPRS) 認定医
日本美容外科学会 (JSAPS) 認定医
日本美容外科学会 (JSAS)  会員

■福田院長最近のメディア情報

2009/6月放送:TBS『マイフェアレディ』/福田院長 出演
2009/3/11(水) :日本テレビ「ザ・世界仰天ニュース」/福田院長 出演
2009/1/15(木):関東
2009/1/ 8(木):関東TBS「Goro's bar」/福田院長 出演
2008/7月号:「VOGUE」ニッポン/美容外科 5人の名医に掲載

■講演 セミナー

2009年3月06-08日に、フィリピン、マニラで開催された「第1回ボディー形成学会」で福田院長が国際的な美容外科医として表彰されました。
http://www.veriteclinic.jp/academic/09_03_06_philippines.html
第96回日本美容外科学会会長を務めました。
http://www.jsas.or.jp/societyguidance/society_96.html

■美容外科 形成外科学会報告、著書、論文等、国内、世界各国での発表実績のご紹介

http://www.veriteclinic.jp/report.html

デザイナーズ&アーティスツ KUNOクリニック  院長 九野 広夫医師

■略歴

平成04年04月:和歌山県立医科大学医学部医学科入学
平成10年03月:和歌山県立医科大学医学部医学科卒業
平成10年04月:和歌山県立医科大学付属病院臨床研修医
平成10年06月:医師国家試験合格 救急・集中治療室、消化器外科、内科、癌集学的治療部、麻酔科を経る。
平成12年04月:和歌山県立医科大学付属病院臨床研究医
平成19年11月:美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニック 院長就任

【所属学会・資格】

・日本美容外科学会(JSAS)正会員
・日本美容外科協会会員
・日本形成外科学会会員
・日本臨床毛髪学会会員
・日本美容医療テクノロジー学会正会員
・国際美容外科学会(JSAS)
・国際美容外科学会(ISAS)正会員

【実績】

日本美容外科学会誌誌上にて発表。

Thread lift アンチエイジング手術で、多くのデザインパターン数を独自開発。それにより、最少本数でオリジナルオーダーメイドが可能に。

クリニック日比谷 百澤 明医師

■略歴

平成7年:山梨医科大学医学部医学科卒
平成9年:東京大学医学部形成外科学教室入局 勤務
平成16年:学位取得(医学博士)
杏林大学医学部形成外科・美容外科・美容外科 講師
平成19年5月~:クリニック日比谷非常勤医師
平成19年7月~:埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科 講師
平成24年4月~:山梨大学医学部地域医療連携支援学講座 特任准教授
平成24年4月~:山梨大学医学部附属病院 形成外科 准教授 診療科長

【所属学会・資格】

平成8年~:日本形成外科学会会員 (平成15年2月 専門医取得)
平成14年~:日本美容外科学会会員
平成14年~:日本美容医療協会会員
平成15年2月~:形成外科学会専門医
平成16年2月:学位取得(医学博士)

【論文・学会活動・講演・テレビ出演】

< 講演 >

  1. 百澤明(招待講演): 美容領域での色素沈着治療. 山梨皮膚科医会. 甲府. 2004.7.8
  2. 百澤明: レーザー治療とトレチノイン治療を効果的に用いた色素沈着治療. 兵庫県形成外科医会. 神戸. 2005.11.26
  3. 百澤明: 小児におけるあざの診断と治療.三鷹市小児科医会. 三鷹. 2006.6.15
  4. 百澤明,三鍋俊春: 埼玉医科大学形成外科における性同一性障害手術療法の現状と見通し. 第29回日本性科学会. 大宮. 2009.11.1
  5. 百澤明,三鍋俊春: GIDの外科的療法と埼玉医科大学の取り組み. 第17回gid.jp フォーラム. 東京. 2010.6.13

<テレビ出演>

2009/12/ 9(水) 23:15~ 0:15:シルシルミシル (テレビ朝日)出演 くまについて

<論文>

  1. 椙山秀昭, 百澤明, 内田玲, 島田眞路: 結節性硬化症に伴う顔面血管線維腫の治療経験. 臨床皮膚科 53(11): 963-965, 1999
  2. Niu A, Ueda K, Okazaki M, Momosawa A: New eyebrow lift technique using a semiautomatic suturing device (maniceps) for patients with facial paralysis. Annals of Plastic Surgery 45(6): 601-606, 2000
  3. 百澤明, 上田和毅, 梶川明義, 丹生淳史, 饗場恵美子, 鹿野真人, 渡邉睦: double-folded great saphenous vein graft による頸動脈再建の経験. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌 17(3): 51-58, 2001
  4. 百澤明, 朝戸裕貴, 多久嶋亮彦, 波利井清紀: 泌尿器科領域における形成外科的再建手術-薄筋皮弁を用いた再建手技-. 臨床泌尿器科 55(9): 733-739, 2001
  5. 百澤明, 吉村浩太郎: レチノイン酸治療-最近の進歩-. Fragrance Journal 30(2): 59-65, 2002
  6. Okazaki M, Ueda K, Niu A, Momosawa A: Free Lateral Supramalleolar Flap Transfer as a Small, Thin Flap. Annals of Plastic Surgery 49:133-137, 2002
  7. Yoshimura K, Momosawa A, Watanabe A, Sato K, Kitano Y, Aiba E, Harii K, Yamamoto T, Aoyama T, Iga T: Cosmetic Color Improvement of the Nipple-Areola Complex by Optimal Use of Tretinoin and Hydroquinone. Dermatologic Surgery 28:1153-1158, 2002
  8. 百澤明, 吉村浩太郎, 波利井清紀: レチノイン酸によるシミ治療-対象疾患別の治療法の違い-. 形成外科 46:261-270, 2003
  9. 百澤明, 吉村浩太郎: いわゆるシミの効果的な外用療法-レチノイン酸療法を中心に-. Derma 74:31-38, 2003
  10. Yoshimura K, Momosawa A, Aiba E, Sato K, Matsumoto D, Mitoma Y, Harii K, Aoyama T, Iga T: Clinical trial of bleaching treatment with 10 % all-trans retinol gel. Dermatologic Surgery 29:155-160, 2003
  11. Momosawa A, Yoshimura K, Uchida G, Sato K, Aiba E, Matsumoto D, Mihara S, Tsukamoto K, Harii K, Aoyama T, Iga T: Combined Therapy Using Q-Switched Ruby Laser and Bleaching Treatment with Tretinoin and Hydroquinone for Acquired Dermal Melanocytosis. Dermatologic Surgery 29:1001-1007, 2003
  12. 百澤明, 波利井清紀: プライマリーケア医のための創傷治療ガイド 創傷治療とは・・・傷は誰が治す?. 治療 85(10):10-16, 2003
  13. 百澤明, 吉村浩太郎: 肝斑の最新治療. 日本醫事新報カラーグラフ 4150: 33-36, 2003
  14. 百澤明, 吉村浩太郎: しみのレーザー治療, 谷野隆三郎 編著, レーザー治療最近の進歩, ADVANCEシリーズ形成外科, pp.137-142, 克誠堂, 東京, 2004
  15. 百澤明, 波利井清紀: 外傷性顔面神経麻痺, 岸本誠司 編著, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の外傷と異物, 耳鼻咽喉科診療プラクティス, 第13巻, pp.193-199, 文光堂, 東京, 2004
  16. 多久嶋亮彦, 百澤明, 三鍋俊春, 朝戸裕貴, 岡崎睦, 波利井清紀: 二次的頚部食道再建法の選択. 形成外科 47:1195-1205, 2004
  17. 百澤明, 波利井清紀: 顔面色素沈着症に対する治療法の進歩. 形成外科 47:1329-1337, 2004
  18. 百澤明, 波利井清紀: 遊離皮膚移植術の実際, 分層植皮術の治療と実際, PEPARS 2: 19-24, 2005
  19. Takushima A, Momosawa A, Asato H, Aiba E, Harii K: Double Vascular Pedicled Free Jejunum Transfer for Total Esophageal Reconstruction. Journal of Reconstructive Microsurgery 21: 5-10, 2005
  20. Takushima A, Harii K, Asato H, Momosawa A, Okazaki M, Nakatsuka T: Choice of osseus and osteocutaneus flaps for mandibular reconstuction. International Journal of Clinical Oncology 10: 234-242, 2005
  21. Takushima A, Harii K, Asato H, Momosawa A: Revisional Operations Improve Results of Neurovascular Free Muscle Transfer for Treatment of Facial Paralysis. Plastic and Reconstructive Surgery 116: 37-380, 2005
  22. 多久嶋亮彦, 百澤明, 朝戸裕貴, 岡崎睦, 三鍋俊春, 波利井清紀: 小児のマイクロサージャリー: 先天性顔面神経麻痺の再建. 形成外科, 48:891-899,2005
  23. 百澤明, 尾﨑峰: 非手術治療・レーザー, IPL, RF治療など・Qスイッチレーザーを用いた色素沈着症, 異物沈着症の治療. 形成外科 48:S45-S51, 2005
  24. 多久嶋亮彦, 百澤明, 三鍋俊春, 朝戸裕貴, 波利井清紀: 顔面神経麻痺の治療標準化に向けて: 陳旧性顔面神経麻痺再建における神経・血管柄付き遊離筋肉と移植床神経の選択について.日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 21:73-74,2005
  25. 多久嶋亮彦, 百澤明, 三鍋俊春, 波利井清紀, 朝戸裕貴: 先天性顔面神経麻痺に対する神経・血管柄付き遊離筋肉移植術を用いた笑いの再建.日本マイクロサージャリー学会会誌, 18:128-129,2005
  26. 多久嶋亮彦, 波利井清紀, 大浦紀彦, 百澤明, 朝戸裕貴: 陳旧性顔面神経麻痺に対する神経血管柄付き遊離筋肉移植術の現状と限界. 日本マイクロサージャリー学会会誌, 19:40-47, 2006
  27. 多久嶋亮彦, 波利井清紀, 百澤明, 朝戸裕貴, 岡崎睦: 陳旧性顔面神経麻痺に対するtotal facial reanimation(TFR)の考え方. 形成外科49:373-382, 2006
  28. 百澤明,尾﨑峰,波利井清紀: 局所皮弁を用いた下眼瞼の再建 -Mustarde型とImre型の頬部回転皮弁について-.形成外科 49:755-762, 2006
  29. 尾﨑峰,百澤明,多久嶋亮彦,波利井清紀: 遊離広背筋皮弁移植で初期治療を行った顔面重傷熱傷の1例.形成外科 49:796-801, 2006
  30. Kurita M, Momosawa A, Ban I, Harii K: Long Pulsed Dye Laser for the Treatment of Erythromelanosis Follicularis Faciei et Colli - Report of Two Clinical Cases. Dermatologic Surgery 32:1414-1417, 2006
  31. Toyama T, Ohura N, Kurita M, Momosawa A, Harii K: Effectiveness of Short-contact Topical Tretinoin in Promoting Wound Healing in db/db mice. Scandinavian Journal of Plastic Reconstructive Surgery and Hand Surgery 40:329-334, 2006
  32. Takushima A, Harii K, Asato H, Momosawa A, Okazaki M: One-stage reconstruction of facial paralysis associated with skin/soft tissue defects using latissimus dorsi compound flap. Journal of plastic, reconstructive and aesthetic surgery 59:465-473, 2006
  33. Takushima A, Harii K, Okazaki M, Ohura N, Momosawa A, Asato H: Reconstruction of maxillectomy defects with free flaps - comparison of immediate and delayed reconstruction: A retrospective analysis of 51 cases. Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery 41: 14-21, 2007
  34. 百澤明,尾﨑峰,栗田昌和,波利井清紀:色素沈着症の治療 後天性真皮メラノサイトーシス. 形成外科 50:55-62, 2007
  35. Miyamoto S, Takushima A, Momosawa A, Iida T, Ozaki M, Harii K: Camouflaging a cleft lip scar with single hair transplantation using a Choi hair transplanter. Plastic and Reconstructive Surgery 120: 517-520, 2007
  36. Kurita M, Takushima A, Momosawa A, Okazaki M, Ozaki M, Miyamoto S, Shiraishi T, Harii K: Brachial Plexus Impairment after Harvesting the Latissimus Dorsi Muscle for Reanimation of the Paralyzed Face. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg 18:1-7, 2007
  37. 佐藤英、栗田昌和、小林よう、百澤明、多久嶋亮彦、波利井清紀: 表面局所麻酔剤ハリケーンゲルの使用によって生じたと考えられるメトヘモグロビン血症の1例. 形成外科50:1201-1205, 2007
  38. 百澤明: 形成外科疾患の薬物治療 尋常性ざ瘡の薬物治療(解説). 薬事新報2481:9-13, 2007
  39. 三鍋俊春、百澤明、塩川一郎: 頭蓋頸椎移行部の臨床解剖 形成外科からみた必要知識. Clinical Neuroscience 25:1331-1334, 2007
  40. 尾﨑峰,百澤明,波利井清紀: 三次元画像を根拠とした多発顔面骨骨折の診断. 形成外科50:1239-1246, 2007
  41. Momosawa A, Kurita M, Ozaki M, Miyamoto S, Kobayashi Y, Ban I, Harii K: Combined Therapy Using Q-Switched Ruby Laser and Bleaching Treatment with Tretinoin and Hydroquinone for Periorbital Skin Hyperpigmentation in Asians. Plastic and Reconstructive Surgery 121:282-288, 2008
  42. 百澤明, 尾﨑峰: 顔面骨骨折の画像診断-3D-CTを中心に-. 平林慎一 編著, 頭蓋顎顔面外科 最近の進歩, ADVANCEシリーズ形成外科, pp. 223-228, 克誠堂, 東京, 2008
  43. Momosawa A, Kurita M, Ozaki M, Miyamoto S, Kurachi I, Watanabe R, Harii K: Transconjunctival Orbital Fat Repositioning for Tear Trough Deformity in Young Asians. Aesthetic Surgery Jounal 28:265-271, 2008
  44. Ozaki M, Takushima A, Momosawa A, Kurita M, Harii K : Temporary Suspension of Acute Facial Paralysis Using the S-S Cable SutureR. Annals of Plastic Surgery, 61:61-67, 2008
  45. 栗田昌和, 百澤明, 尾崎峰, 大浦紀彦, 多久嶋亮彦, 波利井清紀: 頬骨骨折治療における術中超音波エコーの使用経験. 形成外科51:195-201, 2008
  46. 百澤明: 眼瞼周辺の若返り手術-手術と非手術、手術による若返り術:下眼瞼. 形成外科51:887-895, 2008
  47. Miyamoto S, Takushima A, Momosawa A, Ozaki M, Harii K: Transzygomatic coronoidectomy as a treatment for pseudoankylosis of the mandible after transtemporal surgery - a case report. Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery, 42:267-270, 2008
  48. Miyamoto S, Takushima A, Okazaki M, Momosawa A, Asato H, Harii K : Retrospective outcome analysis of temporalis muscle transfer for the treatment of paralytic lagophthalmos. J Plast Reconstr Aesthet Surg, 62:1187-1195, 2008
  49. 大槻祐可子, 青木繁, 木田達平, 百澤明, 三鍋利春, 土田幸英, 佐藤良博, 伊崎誠一: 幼児の顔面に生じた巨大石灰化上皮腫の1例. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 24:228-232, 2008
  50. 百澤明: 【実践 非手術的美容医療】 にきび治療 内服、外用によるにきび治療. PEPARS 27:60-65, 2009
  51. Minabe T, Momosawa A, Harii K: Endoscopic and ultrasonic removal of a lipoma on the forehead with no facial scarring: practicality of patient's early return to work. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 43(1):22-8, 2009
  52. Miyamoto S, Takushima A, Okazaki M, Ohura N, Momosawa A, Harii K: Comparative study of different combinations of microvascular anastomosis types in a rat vasospasm model: versatility of end-to-side venous anastomosis in free tissue transfer for extremity reconstruction. J Trauma, 66(3):831-834, 2009
  53. 当山拓也, 栗田昌和, 大浦紀彦, 百澤明, 波利井清紀: 遺伝的糖尿病マウスにおけるトレチノイン短時間接触療法の創傷治癒促進効果について. 形成外科, 52:703-709, 2009
  54. 中塚貴志, 横川秀樹, 百澤明: 頭部・顔面の形成外科 悪性腫瘍切除後再建. 形成外科, 52:S193-201, 2009
  55. 塩川一郎, 三鍋俊春, 百澤明, 樋野忠司, 今野恵理, 矢野志津枝, 渡邊玲, 豊住康夫, 糸山進次, 平野浩一: 経皮的のう胞摘出および顎舌骨筋ヘルニア門閉鎖による顎下型がま腫の治療経験. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 25:270-274, 2009
  56. 三鍋俊春, 百澤明, 今西宣晶: 【穿通枝皮弁マニュアル】 前胸部・側胸部・側背部の穿通枝皮弁. PEPARS, 37:31-41, 2010
  57. 中塚貴志, 横川秀樹, 百澤明: 再建部位別の標準的な皮弁手術 舌再建. 百束比古 編著, 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際, 形成外科診療プラクティス, pp. 189-190, 文光堂, 東京, 2010
  58. 百澤明: 小児皮膚診療パーフェクトガイド 太田母斑・異所性蒙古斑. Derma 164:155-160, 2010

<学会発表(演者のみ)>

  1. 百澤明, 秋山千恵: 山梨医科大学皮膚科にて経験した水疱性類天疱瘡55例の検討. 第26回日本皮膚科学会山梨地方会. 甲府. 1995.11.11
  2. 百澤明, 三枝恵美, 秋山千恵: TEN型薬疹の一例. 第27回日本皮膚科学会山梨地方会. 甲府. 1996.4.13
  3. 百澤明, 内田玲, 秋山千恵: fan flapを用いて再建した下口唇SCCの2例. 第28回日本皮膚科学会山梨地方会. 甲府. 1996.11.9
  4. 百澤明, 秋山千恵, 内田玲, 山田伸夫, 塚本克彦, 島田眞路: 足底に生じた基底細胞上皮腫の1例. 第60回日本皮膚科学会東京支部学術集会. 東京. 1997.2.8
  5. 百澤明, 秋山千恵, 内田玲, 塚本克彦, 島田眞路: 血小板機能低下によると考えられた止血困難症例の1例. 第15回日本臨床皮膚外科学会. 前橋. 1997.2.10
  6. 百澤明, 上田和毅, 岡崎睦, 丹生淳史: 高度口唇拘縮を認めた一治験例. 第9回東大形成外科同門学術集会. 東京. 1998.1.17
  7. 百澤明, 上田和毅, 丹生淳史, 饗場恵美子: double-folded saphenous vein graftによる頸動脈再建の経験. 第16回日本頭蓋顎顔面外科学会. 札幌. 1998.9.24
  8. 百澤明, 岡部勝行: 指尖部に生じたsarcomaの1例. 第10回東大形成外科同門学術集会. 東京. 1999.1.30
  9. 百澤明, 鄭憲, 多久嶋亮彦, 岡部勝行: 仙骨部褥瘡に対するdistal based V-Y advancement fasciocutaneous flapの有用性について. 第11回東大形成外科同門学術集会. 東京. 2000.2.26
  10. 百澤明, 鄭憲, 岡部勝行: 仙骨部褥瘡に対する大殿筋膜皮弁の有用性. 第221回日本形成外科学会東京地方会. 東京. 2000.7.1
  11. 百澤明, 朝戸裕貴, 多久嶋亮彦, 橋川和信: 鼻尖部に生じたFibrohistiocytic Tumorの1例. 第224回日本形成外科学会東京地方会. 東京. 2001.2.3
  12. 百澤明, 朝戸裕貴, 波利井清紀, 多久嶋亮彦, 山田敦, 中塚貴志, 上田和毅: flow through 型前腕皮弁もしくは橈骨動静脈移植を併用したfree flap症例の分析. 第25回日本頭頸部腫瘍学会. 札幌. 2001.6.21
  13. 百澤明, 権太浩一, 波利井清紀: 塩酸ファスジルの皮弁生着に及ぼす影響. 第10回日本形成外科学会基礎学術集会. 東京. 2001.10.18
  14. 百澤明, 朝戸裕貴, 多久嶋亮彦, 波利井清紀: 遊離皮弁を用いた外鼻再建. 第28回日本マイクロサージャリー学会. 山梨. 2001.11.21
  15. 百澤明, 吉村浩太郎, 内田源太郎, 波利井清紀: トレチノインとレーザーを用いた遅発性太田母斑の治療. 第45回日本形成外科学会学術集会. 長崎. 2002.4.19
  16. Momosawa A, Asato H, Takushima A, Harii K: Use of Free Flap in Salvage Operation Following Necrosis of a First Free Flap in Reconstruction of Head and Neck Cancer. The 6th Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstructive Surgery. Seoul, Korea. 2002.4.24
  17. 百澤明, 朝戸裕貴, 多久嶋亮彦, 波利井清紀, 中塚貴志, 山田敦: Free Flapによる頭頸部がん再建の救済手術 -再度のFree Flapを行った症例の検討-. 第26回日本頭頸部腫瘍学会. 千葉. 2002.6.13
  18. 百澤明, 朝戸裕貴, 加地展之, 長瀬敬, 高橋範夫, 三苫葉子, 多久嶋亮彦, 波利井清紀: 肋間動脈穿通枝を利用した肋骨付き広背筋皮弁を用いて二次的な顔面再建を行った頭蓋底再建術後の1例. 第29回日本マイクロサージャリー学会. 沖縄. 2002.11.22
  19. 百澤明, 吉村浩太郎, 波利井清紀: Long-pulsed Alexandrite Laser(GentleLASER)を用いた雀卵斑の治療. 第46回日本形成外科学会学術集会. 神戸. 2003.4.9
  20. 百澤明, 三鍋俊春, 松岡伯, 宮本慎平, 波利井清紀: 皮膚穿通枝にdominancyは存在するか-ラットdelayed flapの検討. 第12回日本形成外科学会基礎学術集会. 東京. 2003.10.9
  21. 百澤明, 多久嶋亮彦, 波利井清紀, 朝戸裕貴: 2つの茎を持つ遊離空腸による食道再建を行った2例. 第236回形成外科学会東京地方会. 新宿. 2003.12.6
  22. 百澤明, 松岡伯, 小林よう, 井原望, 尾﨑峰, 波利井清紀, 吉村浩太郎: アザのレーザー治療におけるレチノイン酸治療の有用性 -炎症後色素沈着の対処法-. 第47回日本形成外科学会学術集会. 東京. 2004.4.9
  23. Momosawa A, Minabe T, Takushima A, Ozaki M, Ban I, Harii K: Endoscopic Forehead Surgery for Tumor, Fracture and Palsy. The 7th Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstructive Surgery. Sapporo, Japan. 2004.6.12
  24. 百澤明, 波利井清紀: 顔面色素沈着症に対するわれわれのストラテジー. 第27回日本美容外科学会学術集会. 軽井沢. 2004.10.10
  25. 百澤明,尾﨑峰, 波利井清紀: くまと呼ばれる色素沈着の治療. 第48回日本形成外科学会学術集会. 東京. 2005.4.14
  26. 百澤明: シンポジウム美容診療と保険診療の境界.第 回日本臨床皮膚外科学会学術集会. 東京. 2006.2.25
  27. 百澤明,尾﨑峰,宮本慎平,波利井清紀: 経結膜的眼窩脂肪移動術によるeyelid bagの治療.第49回日本形成外科学会学術集会. 岡山. 2006.4.13
  28. 百澤明,尾﨑峰,栗田昌和,小林よう,波利井清紀: 経結膜的眼窩脂肪移動術による下眼瞼除皺術の経験. 第50回日本形成外科学会学術集会. 東京台場. 2007.4.11
  29. 百澤明, 三苫葉子, 飯田匠子, 三鍋俊春, 波利井清紀: (パネルディスカッション)アンチエイジングにおける形成外科の役割 下眼瞼若返り治療におけるわれわれのストラテジーについて. 第51回日本形成外科学会学術集会. 名古屋. 2008.4.9-11
  30. 百澤明, 三苫葉子: 下眼瞼形成術パネルディスカッション 下眼瞼経結膜的眼窩脂肪移動術について. 第94回日本美容外科学会学術集会. 東京台場. 2008.5.11
  31. 百澤明, 三鍋俊春, 塩川一郎, 樋野忠司, 山崎究, 三枝紀子, 松永恵里奈, 大島梓: 経結膜アプローチと耳介軟骨移植を用いた小児・若年者の眼窩底単独骨折の治療経験. 第14回形成外科手術手技研究会. 大阪. 2009.2.14
  32. 百澤明, 三鍋俊春, 塩川一郎, 樋野忠司, 山崎究, 矢野志津枝, 三枝紀子, 松永恵里奈, 大島梓, 手島玲子: 小児と若年者の眼窩底単独骨折に対するわれわれの治療戦略. 第52回日本形成外科学会学術集会. 横浜. 2009.4.22
  33. 百澤明、三鍋俊春、樋野忠司、笠井昭吾、山崎究、矢野志津枝、栗田恵里奈: 当科におけるFTMTSに対する乳房切除術-ゲント大学のアルゴリズムをもちいて-. 第53回日本形成外科学会学術集会. 金沢. 2010.4.8
  34. 百澤明, 三苫葉子: パネルディスカッション 皮膚を切らないBaggy eyelidの治療 経結膜的眼窩脂肪移動術を用いた下眼瞼形成術について. 第33回日本美容外科学会学術集会. 京都. 2010.10.7-8

銀座長澤クリニック 院長 長澤 誠一郎医師

■略歴

昭和59年:慶應義塾大学医学部 卒業
昭和62年:十仁病院 勤務
平成4年:上野中央クリニック 開設
平成21年:アイルクリニック横浜院 開設
平成22年:銀座長澤クリニック 開設

【資格】

医学博士
慶応義塾大学医学部卒
日本美容外科学会認定専門医
日本美容外科学会常任理事
元中央クリニック総院長
元中央クリニック技術指導医

【メディア掲載情報】

「信頼できる名医」として、多数の新聞雑誌で紹介されています。
<女性誌>
●anan
●Ray
●週刊大衆
●週刊女性
●女性自身
●女性セブン
●婦人公論

真崎医院 院長 真崎 信行医師

■略歴

1983年:金沢医科大学医学部卒業
1989年:共立美容外科を開設
2007年:代官山に真崎医院開設
2010年:大阪梅田に真崎医院大阪開設

【所属学会・資格】

第101回日本美容外科学会 学会長
日本美容外科医師会常任理事
認定医療機関審査委員長
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
北米脂肪吸引形成外科学会会員
国際アンチエイジング学会会員
日本美容睫毛研究会理事
東京ミッドタウン美容クリニックNoage顧問
美容外科専門医
麻酔標榜医
日本美容外科医師会認定適正医療機関&日本美容外科医師会認定適正医療機関審査委員長

プリモ麻布十番クリニック 大場 教弘医師

■略歴

1996年:大阪市立大学医学部卒業
1996~1999年:大阪市立大学医学部 形成外科
1999~2003年:大阪市立大学大学院 医学研究科
2003~2005年:大阪市立大学医学部 形成外科・佐野記念病院 形成外科(非常勤)・大東中央病院 形成外科(非常勤)
2005~2008年:リッツ美容外科 東京院
2009年~  :プリモ麻布十番クリニック

【所属学会・ 備考】

医学博士 日本形成外科学会専門医 日本美容外科学会専門医 厚生労働省麻酔科標榜医 国際美容外科学会正会員 頭蓋顎顔面外科学会会員 日本レーザー医学会会員

城本クリニック名古屋院 田中 宝医師

■略歴

1994年 3月 慶應義塾大学医学部卒業
1994年 4月 慶応病院形成外科学教室入局
1995年 5月 栃木県佐野厚生総合病院外科
1997年 6月 静岡赤十字病院形成外科
1998年 5月 慶応病院形成外科
1999年 5月 群馬県立がんセンター頭頸科
2001年 7月 静岡赤十字病院形成外科
2005年 9月 東京都済生会中央病院形成外科
2007年 4月 城本クリニック

■所属学会・資格

医学博士
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医
ボトックスビスタ施注資格取得
ジュビダームビスタ施注資格取得

クリニック案内

▼日本美容外科医師会の認定医療機関に指定されているクリニック
▼日本初の、米 MENTOR 社公認の豊胸認定クリニック
▼米 THERMAGE 社公認サーマクール認定医
▼複数芸能プロダクションと提携
▼大阪大学大学院医学系研究科の美容医療講座と提携

湘南美容外科クリニック 総括院長 相川 佳之医師

■略歴

1997年:日本大学医学部卒業 癌研究付属病院麻酔科勤務
1998年:品川美容外科にて院長を勤める
2000年:湘南美容外科藤沢開院
2002年:湘南美容外科横浜開院
2003年:湘南美容外科新宿開院
2005年:湘南美容外科渋谷・大阪・名古屋・福岡開院
2006年:湘南美容外科大宮・千葉開院
2007年:Men's SBC・札幌・上海開院
2008年:ハーバード大学医学部PGA所属  湘南美容外科スキンケアクリニック開院

■所属学会・資格

■日本美容外科学会正会員
■日本美容外科医師会会員
■日本麻酔学会正会員
■日本レーザー治療学会会員
■日本脂肪吸引学会会員
■ケミカルピーリング学会会員