傷の残らないクマ治療「経結膜的眼窩脂肪以降術(トラコンハムラ)」

目の下のクマの凸凹は、加齢により眼球を支えている眼窩脂肪が前方に突出してくることにより起こります。これは、「脂肪の位置の変化による凸凹」という構造上の問題なので、

1.ふくらみを平らにする

2.凹みを埋めるこの2つが基本的な治療の考え方となります。

これを同時に、皮膚を切ることなく行う手術方法が、『経結膜的眼窩脂肪移行術(トラコンハムラ)』です。

経結膜的眼窩脂肪移行術(トラコンハムラ)は、最新の治療方法の一つであり、2007年日本形成外科学会で、クリニック日比谷院百澤医師が学会発表報告した方法です

従来の「経結膜的脱脂術」はふくらみの原因である眼窩脂肪を、傷が目立たぬようまぶたの裏側の粘膜から取り除くのが一つの特徴であります。が、眼窩脂肪は非常に量の多い脂肪なので取り除いてもまた膨らんできてしまうという欠点がありました。

この欠点を改善したのが『百澤法』とも呼べるこの術式で、 脂肪を取り除くのではなくその下の凹みの部分に移動させるのが最大の特徴です。その際ただ下方に移動させるのではなく脂肪を包んでいる脂肪隔膜という強い組織をこの部の靭帯よりさらに下法につなぎとめるため非常にフラットで自然な仕上がりになります。

この全てのプロセスをまぶたの裏側の粘膜から行う非常に高度な手術です。

脂肪を抜き取らないから窪んだり、皮膚がたるんだりする心配なし。表の下まぶたを切らないから、傷はまったくなし

ふくらみを凹みに移動させ、傷も残さない。手術範囲が非常に狭いので腫れも最小限です。抜糸などはなく、腫れは切開する長さにもよりますが、2、3日で落ちつく程度でほとんどありません。

物理的凸凹のクマに対する現時点での最高術式と言われるこの治療法は、これまで数百名の患者様にご満足頂いております。

症例写真

施術法 通常価格
経結膜的眼窩脂肪移行術(トラコンハムラ) 378,000円

□■ドクター紹介□■

クリニック日比谷 百澤 明医師

■略歴

平成7年: 山梨医科大学医学部医学科卒
平成9年: 東京大学医学部形成外科学教室入局 勤務
平成16年: 学位取得(医学博士)杏林大学医学部形成外科・美容外科・美容外科 講師
平成19年5月~: クリニック日比谷非常勤医師
平成19年7月~: 埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科 講師
平成24年4月~: 山梨大学医学部地域医療連携支援学講座 特任准教授
平成24年4月~: 山梨大学医学部附属病院 形成外科 准教授 診療科長

【所属学会・資格】

平成8年~: 日本形成外科学会会員 (平成15年2月 専門医取得)
平成14年~: 日本美容外科学会会員
平成14年~: 日本美容医療協会会員
平成15年2月~: 形成外科学会専門医
平成16年2月: 学位取得(医学博士

【論文・学会活動・講演・テレビ出演】

▼こちらからご確認いただけます。
http://www.cl-hibiya.com/dr/index.html



ご利用案内

 

「お問い合わせ」をクリックいただき、必要事項を記入し送信してください。
匠.comならびにクリニックから、直接ご登録いただいたメールアドレスかご連絡先に ご回答やカウンセリング希望日の確認など連絡が参ります。


クリニックへの直接問い合わせでは、クーポン相談は承れません。
お問い合わせ後3日以内にクリニックから連絡がない場合は、お手数ですが匠事務局 (info@ta-ku-mi-web.com)までお問い合わせ下さい。


注意)匠.com事務局へのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。